top of page

みんな大好き!サラダチキン!

更新日:4月16日

サラダチキンは健康的な食品として認知されるようになり、需要が増加している傾向があります。また、近年では、プロテインダイエットの流行やフィットネスブームなどがあるため、プロテイン源としての需要も高まっていると考えられます。

目次


  1. サラダチキンの材料は

  2. ブロイラーとレイヤーの違いは

  3. 密集飼育

  4. 肥育促進剤と抗生物質が必要な理由

  5. 飼料に関する懸念点


サラダチキンの材料は

サラダチキンの材料は、鶏肉、塩、胡椒、オリーブオイルなどが一般的です。具体的には、鶏胸肉を使ったものが多く、鶏肉に塩や胡椒をまぶした後、フライパンやオーブンで加熱し、最後にオリーブオイルを加えて味を調えます。また、調味料によって風味を変えることもできます。


タイではブロイラーの生産が主流であり、レイヤーはあまり生産されていません。具体的な比率については情報が限られており、一概には言えませんが、タイの鶏肉生産の大部分がブロイラーによるものであることは間違いありません。


ブロイラーとレイヤーの違いは

ブロイラーとレイヤーは、鶏の種類として異なります。

ブロイラーは、肉用の鶏で、鶏肉の生産に特化した品種です。成長が早く、体重が増えやすいように選択育種されています。そのため、短期間で育ち、比較的若い時期に屠畜されます。

一方、レイヤーは、卵を産むための鶏で、卵の生産に特化した品種です。ブロイラーと比較すると成長が遅く、体重も軽い傾向があります。また、卵を産み続けるため、屠畜されるまでの期間も長くなります。

ブロイラーは鶏の品種改良によって、高タンパク質・高エネルギーの飼料を与えた場合に、急速に成長するように作られ、ブロイラーの成長スピードが早いのは、鶏の成長ホルモンの分泌が活発で、また代謝率が高いためです。成長スピードが早く、ブロイラーは約6週間で出荷されることが一般的です。一方、レイヤーは卵を生産するために作られており、ブロイラーと比べて成長スピードは遅く、約6ヶ月から1年程度かけて成長します。 タイの鶏肉の安全性については、過去には鳥インフルエンザなどの問題がありましたが、現在は農場における衛生管理が強化され、輸出先の国々の厳格な検査基準をクリアしている鶏肉が輸出されているはずです…


密集飼育

タイでは、密集飼育が一般的であり、床面積が不十分であるとされています。また、飼育場所の清潔さや衛生状態にも問題があると指摘されています。ただし、タイ国内での食用鶏肉の基準は設けられており、食品衛生や安全性に関する法律があるため、厳格な監視や検査が行われています。

密集飼育の利点は、スペースの効率的な利用、労働力やコストの削減、より効率的な餌の消費、そして飼育環境の管理が容易になることです。これにより、多くの鶏肉が生産され、需要に応えることができます。

一方、密集飼育の欠点は、鶏がストレスを感じやすくなること、病気や感染症のリスクが高くなること、飼育場所の衛生状態が悪くなりやすいこと、そして鶏肉の品質が低下することがあります。密集飼育に伴うこれらの問題は、適切な管理や衛生対策を実施することで軽減されることがあります。






ブロイラー成長イメージ 2015年時点で2ヶ月で約100倍 2023年の現在は…

鶏肉の生産過程において、鶏に対して投与された医薬品の成分のことを指します。ホルモン剤は、鶏肉の成長促進や体型の改善を目的に使用され、抗生物質は、鶏の病気予防や治療のために使用されることがあります。しかし、これらの成分が残留する可能性があるため、消費者にとっては健康上の懸念があることが指摘されています。多くの国では、鶏に投与される医薬品の使用量や種類に規制が設けられています。


肥育促進剤と抗生物質が必要な理由

肥育促進剤の必要性 鶏が密集環境で飼育されると、運動量が減少し、餌の消化吸収率が低下することから、成長が遅くなる傾向があります。そのため、肥育促進剤を使用することで鶏の成長を促進し、生産効率を高めることができます。代表的な肥育促進剤には、抗生物質の一種である「イオンフォア」と、ホルモン剤の一種である「クロルデコン」があります。

※「クロルデコン(Chlordécone)」は、かつてバナナやサトウキビの栽培において、土壌に混入された殺虫剤の一種です。フランス領アンティル諸島などで長年にわたって使用されていましたが、その後環境への悪影響が指摘され、1993年に使用禁止となりました。クロルデコンは、長期間土壌中に留まり、地下水や河川、海洋生物などにも蓄積され、食物連鎖を通じて人間にも摂取されることがあります。健康被害としては、がんや免疫力低下、神経障害などが報告されています。

抗生物質の必要性 密集飼育下で鶏が多くの病原菌にさらされることから、疾病予防のために抗生物質が使用されます。また、抗生物質は飼料に混ぜることで、鶏の消化管内の微生物バランスを調整し、飼料の消化吸収率を高める効果があります。ただし、抗生物質の乱用によって、耐性菌の発生が促進されることがあるため、適切な使用量と使用期間を守ることが重要です。


飼料に関する懸念点

5つあげると、以下のようになります。

・抗生物質や成長促進剤の残留 鶏の飼料には、抗生物質や成長促進剤が含まれていることがあります。これらの薬剤は、鶏の健康維持や肥育促進のために使用されますが、残留することで人間に悪影響を与える可能性があります。

・遺伝子組み換え 一部の飼料には、遺伝子組み換え作物が含まれている場合があります。これらの作物は、病害虫に対する抵抗力や収量の向上など、生産性向上を目的として作られていますが、その安全性については懸念があります。

・農薬や化学肥料の残留 飼料用の作物は、農薬や化学肥料を使用して栽培されていることがあります。これらの残留物は、鶏肉に含まれることがあり、人間の健康に影響を与える可能性があります。

・増粘剤や添加物の含有 飼料には、増粘剤や添加物が含まれていることがあります。これらの物質は、飼料の保存や栄養価の向上などの目的で使用されますが、健康への影響についてはまだ十分に解明されていない場合があります。

・トキシンの存在 飼料用作物には、カビの発生によってトキシンが生成されることがあります。トキシンは、鶏の健康に影響を与えるだけでなく、鶏肉に含まれることもあり、人間の健康に悪影響を与える可能性があります。

・飼料原材料の輸送や保管過程 衛生管理が不十分であることが挙げられます。飼料は様々な場所から輸送され、保管されますが、その過程で微生物やカビ、ホコリなどが混入する可能性があります。これらの汚染物質が飼料に混ざると、飼料を摂取する鶏が健康被害を被る可能性があります。したがって、飼料の輸送や保管には十


分な衛生管理が求められます。

みなさんの大好きなサラダチキン。 あなたの大事なお身体のために本当に必要でしょうか? あなたの食べてる、鶏さんが食べてる物や環境まで知っていますか?




閲覧数:6回0件のコメント

Comentários


bottom of page